海の神様のお年玉
昨年は週末に出かけられず、
いろんな魚の釣り頃にも某釣り具店のつれつれ情報を
ネットでうらやましく見ていました。

私の年間の釣りパターンとしては、大きく3つで、
・初夏~盛夏のキス釣り
・晩夏~初冬のタチウオ
・初冬~年初のカレイ
・夜のアナゴ釣り (どれも防波堤釣り)
を、年中通して釣行するのが理想的ですが
そのベストな時期にうまく釣行することが
なかなか難しいですね。


P1003876_R.jpg

3日はカレイ狙いで、いつもの淡路島へ出かけましたが、
カレイを狙う時期としては、少し遅めですね。
本当は、11月下旬くらいが良かったのですけど・・・


P1003880_R.jpg

天気は良いのですが、とても北西風が強いので、
釣りが成り立ちそうな場所としては、
・風裏になる淡路島東岸(西岸は風が強くおそらく釣りにならない)
・車が横付けできる場所(寒くても、車内に逃げこめる)
・しかも、カレイの実績場(で、残っているカレイが釣れないかな~)
と考えて、初めての場所ですが試してみました。


・・・が、アタリは無し。
しばらく経って回収しても、
付けたエサがそのまま残っている状態
風が強いので、竿先はずっと動いていて、
あたりが合っても判らない状態。

満潮の時合いをしばらく試したのですが、全く反応がありません。
カレイも、お正月は休みのようです~


P1003884_R.jpg

カレイより先に、お腹が空いて
こんなのを食べてしまいました。


う~ん、あかんなあ。
このまま、夕方の干潮の時合いも、ここで粘るか?
それとも、別の場所に移るか。


P1003851_R.jpg

悩んだ挙句、別の場所に移動!
ここは以前にも釣りに来たことがある場所で、
私の中では良いイメージの場所です。
ただ、この季節は試したことが無いので、どうでしょうか?
カレイの仕掛けと、ダメ元でタチウオの仕掛けも投入。

漁港の中ですが、見渡すと結構ゴミがあるんですね。
さすがに大きなゴミはありませんが、
この写真の係留用の綱などに
釣り糸や針が多く引っかかっているのでせっせと回収。
釣り場のゴミを拾うと魚が釣れるって
自分に言い聞かせながら打ち返していると・・・


P1003853_R.jpg

来ました~!タコです~!
ほんまに釣れた~!びっくりです
タチウオの仕掛けで2ひろくらいのタナで、
タコが釣れるとは!!
よっぽどお腹が空いていたのかな~?

日が暮れて寒くなってきたので、
カレイの仕掛けのまま残りのエサをたっぷりと付けて、
最後の1投!と投げ込みました。
アタリは出ず、もう片付けようと引き上げてみると、
少し重いような・・・


P1003855_R.jpg

キター!アナゴ!
しかも、2匹いっぺんに~

ほんまに、海の神様がいるんやね。びっくりです。
お正月早々ゴミ拾いしたことをちゃんと見ていてくれたんやね。
お年玉を貰ったような気持ちです。


P1003874_R.jpg

今回の釣果。小さいタコ1、アナゴ2。

アナゴは煮穴子に、タコは大根と炊いて
美味しく頂きました

[2013/01/05 18:57 ] | 釣り | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |